蛮茶菴

フォト・エッセイ ごまめの歯ぎしり
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 民意は多様といふ類ひの騙(だま)し文句 vendredi 19 avril 2019 | main | 元号の意義 lundi 6 mai 2019 >>
# 「自分のことは自分で」 自分を喪失する前に mardi 30 avril 2019
下校時間になると日々子供の声で、「いつも見守つてくださり、ありがとうございます。今日もよろしくお願ひします」と町内放送が流れる。だれかが作文した文字列、しかしそこには自助努力の言葉はない。この他力本願な内容の放送は、町内に限らず、市内、県内、ひよつとしたら日本全国一斉に流れてゐるのかもしれない。

放送でさう宣言して、守られてゐる、保護されてゐると信じて帰る児童たち。さういふ子供たちの列に遭遇することがある。子供は元来気ままである。元気なのはいいが、見守りに立つたヴォランティアも見てゐるだけで、注意をしない。だから、列はあつてもなきの如し、ここまで許容されるのか、と思ふ場面を散見する。

それでなくても放送のお墨付きがあり、町内のヴォランティアが出て、下校の通学路の辻に立つたり、列についたりする。だから必然的に子供たちは守られて当然と、注意しなくなる。これでは放送もヴォランティアも害にこそなれ益にはならない。

なにかを身につけるためには、飽きることのない日々の繰返し、ドリルが必要だ。子供が精神的に自律するにも、同様のことが必要だ。下校時の子供たちを見てゐて、それが欠落してゐることが気にかかる。気づいてゐるのか、気づいてゐないのか、さうさせてゐる大人にも大切ななにかが欠落してゐるのが感じられる。

20190430
   < 道具に使はれるのか、道具を使ひこなすのか >

しかし、この問題を提起したとしても、理解されなかつたり、厄介がられたり、仮に賛同を得ても、わざわざそこまでして波風たてる必要はないと。結局は言はれた義務を無難に果たせばいいういふことになり、ことはなおざりにされる結論に至る。

その昔「自分のことは自分で」と言はれて育てられたものである。わが身を守る注意だけに限らず、なにごとにも共通して言へる。それが欠落してしまつて久しい。重要なことなのだけど、だれもなにも言はないし、問題にしもしないし、気づきもしないやうである。


この「自分のことは自分で」といふ観点で、いまの日本の現実を見て観ると問題が山積してゐるのがわかる。労働人口が足りないからといつて、問題の本質を見極めもせず、単純な足し算引き算んで数字の帳尻を合はせてゐる。それも低賃金で。それでは問題の解決にならない。

「自分のことは自分で」やれば外国人労働者、つまり移民は必要なくなる。さらに自分の劣化に歯止めもかかるといふ期待もできる。本来自分の問題である問題を棚上げにして、別なところに解決を求めても、結果は目先の統計の誤魔化しでしかなく、一向に本質の解決になつていかない。


20190430
   < フェイク・ニュースとはこのやうなもの >

介護職の給与を一つ例に挙げるだけでもわかる。生活が成り立たないほど給与が低い。また国家試験を受けて有資格でありながら、その職種の給与が低くて、生活ができない。だからなり手がない。さういふ見過ごせない問題を見過ごして、海外から働き手を求める。

数字合はせで、このまま外国人労働者受け入れて、移民政策を推進すれば、日本人である自分の劣化がいま以上に進む。日本がダメになるのが、この時点で既に明らかである。

かつては市井に知恵といふものがあつてその知恵が生きてゐた。いかに有識者といつても市井の知恵に反したことをすれば、世間から相手にされなかつた健全さがあつたが、いつからか逆転してしまつた。いまは小賢しい屁理窟が幅を利かす時代である。

しかし、小賢しさが露見して、だれが見てもわかるやうになつてから、対応してゐては手遅れで、手の施しやうがなくなる。至急対策する必要がある。放置しておくと下校時の児童同様に、どうしやうもなくなつてしまつた自分をそこに観ることなる。

かつて集団就職の若年労働者を金の卵といつてもて囃した時代があつた。低賃金で若い労働力が安易に手に入つた時代である。その時代が終はると、安い労働力を求めて、触手が発展途上国に動いた。経営のためといつて、それはいまでも続いてゐる。

20190430
   < 信頼できるニュースとはこのやうなもの >

その結果が回り回つて外国人労働者、さうしてその定住化、つまり移民国家化、文化喪失になりかねない。目先の金勘定に捉はれずに、餘分に金がかかつてもよい、自分が自分でゐるために、文化が文化であるために、せめて「自分のことは自分で」やらうよ。さうすれば肉体も精神も健全でゐられる。おまけに子孫のためにも二流国三流国に転落させなくて済む。

ところでもう一つ覚えておかなければいけないことがある。外国人労働者受け入れを、一見、合法的に決めた有識者の存在である。一見といふのは、ちよつと見た目は合法的といふことである。これからもわかるやうに、裏を返せば非合法なのである。

その非合法をそのまま見過ごしては民主主義が破壊されてしまふ。民主主義が破壊されないやうに、だれが金を懐に入れるか見極めなければいけない。さうしてその人物を許してはいけない。民主主義を堅持するためにも金は必要である。踏ん張るといふのはさういふことだ。

日本は形式だけは民主主義だが、その実は非民主主義である。報道しない自由、さう言はれる情報を見れば明らかである。極論だが、ニュースはすべて嘘、フェイクであることからもわかる。考へる素材、情報が嘘、フェイクなのだから、まともな思考はできない。さうさせてゐるのが日本のメディアである。







| comments(0) | trackbacks(0) | 06:06 | category: ひとり言 |
# スポンサーサイト
| - | - | 06:06 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ya-ban.jugem.jp/trackback/2870
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
  • がなりたてるだけで、伝へる工夫のないアナウンサー samedi 25 janvier 2019
    蛮茶菴 (01/28)
  • がなりたてるだけで、伝へる工夫のないアナウンサー samedi 25 janvier 2019
    通りすがり (01/26)
  • 自らを語る朝日新聞 mardi 11 décembre 2018
    蛮茶菴 (01/05)
  • 自らを語る朝日新聞 mardi 11 décembre 2018
    うめ (12/24)
  • 自らを語る朝日新聞 mardi 11 décembre 2018
    蛮茶菴 (12/16)
  • 自らを語る朝日新聞 mardi 11 décembre 2018
    うめ (12/15)
  • 掃き溜めに鶴 稀有な存在 松川るい参議院議員 lundi 27 février 2018
    うめ (03/06)
  • 野党が萬年野党なのには理由がある mardi 12 septembre 2017
    蛮茶菴 (09/18)
  • 野党が萬年野党なのには理由がある mardi 12 septembre 2017
    きんつば (09/15)
  • 野党が萬年野党なのには理由がある mardi 12 septembre 2017
    蛮茶菴 (09/14)
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links