蛮茶菴

フォト・エッセイ ごまめの歯ぎしり
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< モチモチする餃子の皮の作り方 dimanche 9 octobre 2016 | main | 年のはじめの一冊『須賀敦子の手紙』 dimanche 1er janvier 2017 >>
# ボブ・ディランとノーベル文学賞と夏目漱石 mercredi 23 novembre 2016
二〇一六年のノーベル文学賞は、かつていはれたやうにフォークシンガーといふのか、いま風にミュージシャンといふのかしらないが、アメリカのボブ・ディランに決まつたさうだ。

なんの賞でもさうだらうが、一般的に、発表するまでの手続きは、断られるといふことも考慮して、事前に本人もしくは関係者に連絡があり、受賞の意思を確認して、それからといふことになる。ノーベル賞に関しては、他の賞とは異なり、報道を知る限りでは、決定した当日に連絡をとつたさうだ。

比較の対象にならないが、思ひ出されるのは、桑田佳祐の紫綬褒賞の受賞。年越しライブでの一連の出来事ーー紫綬褒章を尻のポケットか取り出し、モノマネをして笑ひをとつたさうだ。

その後、その行爲にたいしてなされた批判、それをことなきに収めるためと解釈される釈明文。受賞に至る一連の手続きを考へると不可解な行動をしたものだと思はれる。真意は測りかねるが、手続きとして、受賞の意思を尋ねられ、それを受諾したのだらう、さうでなければ受賞はない。

しかし、それにもかかはらず、知る限りでは意味のない半畳を入れ、おまけに釈明文まで公表したのだから、一連の手続きを知る人から批判がでるのは当然だらう。

さてボブ・ディランに戻つて、報道はそのときの状況を、ボブ・ディラン本人は「寝てゐる」といふことで、直接電話口にでなかつたと告げてゐる。以來ボブ・ディランと連絡が取れない状況が続くなか、ノーベル財団事務局は連絡を取るのをやめた、と報道がなされた。

この状況に関して、さまざまな憶測があつた。が、このままボブ・ディラン本人がなにも発言しなければ、授与式のある十二月十日を待つより方法はないだらう、といふことになつてゐた。

20161123
   < ものは見方次第 >

しかし十月二八日、ボブ・ディランは口を開き、ノーベル文学賞に対する態度を明らかにした。それまでの間、つまり無言期間の十月十三日から二八日までになされたさまざまな発言が興味深い。これもまた一個人の憶測にしか過ぎないが、もつとも興味深いのは選考委員長本人のボブ・ディランにたいする「無礼で傲慢」だといふ発言だ。

なぜ「無礼で傲慢」なのか。「無礼で傲慢」なのは、立腹する発言者本人ではないだらか。

発言者本人からしてみれば、「ノーベル賞」はたとへどんな人間でも、素直に嬉々として喜び、無条件に受け入れる権威ある賞だ、それを疑はない、といふ狂信に似た確信があるのだらう。それを保留にされたことが信じられなかつた。だから、導火線に火がつき、この発言の爆発につながつたのだらう、と思はれる。

興味深いもので、約二週間のボブ・ディランの沈黙は人間模様を見せてくれました。さういふ意味で、考へる契機となつたボブ・ディランのこの沈黙に深謝してもいいでせう。

もし選考委員長本人が稀に見る謙虚な人であつたのなら、この沈黙から最大の恩恵を引き出し得たのは、委員長本人をおいて、だれもゐなかつただらう。つまりこの沈黙で、考へることの根源に立ち戻れたのは委員長本人をおいて存在しないのだ。

委員長は、もう一度、「権威とは何か」といふ問に立ち返れることができただらう。現在ノーベル賞の権威を疑ふひとはだれもゐない。それを承知で、この権威の由来は、この権威の正体は、この権威は、と疑問を呈し、再考したとしたらだらう。

仮に、権威の由来は賞金の額だとみなしたら、どうだらう。日本円に換算すると一億円近い賞金額が権威を成す、権威とみなされるといつてもあながち間違ひとはいへないだらう。もし賞金をなしにし、顕彰にとどめたとしたら、ノーベル賞の権威は不変だらうか。不変だとしたらこれほど素晴らしい賞はない。しかし、それはあり得ないことだらう。

20161123
   < ものは考へ方次第 >   

三文映画で題名も忘れたが、しかし、その映画で記憶に残つたセリフ
ーー「本物の人間になりたければ本物の革命家になれ」。ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞を契機にして、注意を拂つて、考へてもいい言葉ではないだらうか。

なにものにも多面性があり、言葉もその例外ではないのだから、ただ単にニュースに反応するだけではなく、多面的に、自分のこととして思へるのもひとつだ。

夏目漱石( 1867 - 1916 )四十四歳のときにおきた、博士号をめぐつての文部省との事件がある。あくまでもアジアの一国内の出来事で、今回のボブ・ディランのノーベル賞のやうな規模ではないが、それでも、この出来事の詳細を知ると興味深いものがある。

これも文部省の勅令で、漱石の関知しないところで、一方的に決められ、新聞紙上に発表されたことで、それを知つた漱石の辞退である。ここには当時の文部省の、その役人の傲慢の一端も窺ひ知ることができる。

つまりは漱石は文部省の権威を認めなかつたのだ、と考へられる。文部省の勅令に従ふことは、単に手続き問題などではなく、それ以上に漱石には我慢ができなかつたことがあつたのだらう。

権威を認める認めないは、それを上に置くか下に置くかであり、それによつて、それ以降の振る舞ひも影響されるのは当然だらう。

漱石は、さういふ権威を、国家の威信を、わが頭上にいだきたくはなかつたのだらう。だれにも、なにものにも拘束されることのない自分でゐたかつたのだらう。「本物の人間」をめざしてゐたと推測してもいいだらう。







| comments(0) | trackbacks(0) | 04:37 | category: ひと言 |
# スポンサーサイト
| - | - | 04:37 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ya-ban.jugem.jp/trackback/2769
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
  • 野党が萬年野党なのには理由がある mardi 12 septembre 2017
    蛮茶菴 (09/18)
  • 野党が萬年野党なのには理由がある mardi 12 septembre 2017
    きんつば (09/15)
  • 野党が萬年野党なのには理由がある mardi 12 septembre 2017
    蛮茶菴 (09/14)
  • 野党が萬年野党なのには理由がある mardi 12 septembre 2017
    kinen (09/12)
  • 八月になると思ひ出す本 jeudi 24 août 2017
    蛮茶菴 (08/25)
  • 八月になると思ひ出す本 jeudi 24 août 2017
    きんつば (08/25)
  • 報道する自由 報道しない自由 vendredi 18 août 2017
    蛮茶菴 (08/21)
  • 報道する自由 報道しない自由 vendredi 18 août 2017
    きんつば (08/20)
  • 膨大な税金を閉会中審議の茶番劇に vendredi 4 août 2017
    蛮茶菴 (08/14)
  • 膨大な税金を閉会中審議の茶番劇に vendredi 4 août 2017
    うめ (08/12)
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links