蛮茶菴

フォト・エッセイ ごまめの歯ぎしり
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「『核兵器のない世界』は達成可能」を報道しない不思議 lundi 10 aout 2015 | main | 夏の夜、東京湾架橋レインボーブリッジを歩く samedi 15 aout 2015 >>
# もう秋。あたりまへのこと jeudi 13 aout 2015


夏至を迎へるまでは、夜明けの時刻は、どこまでも早くなる感じを抱かせました。四時に目を覚まし、散歩に出かけるときに、外はすでに明るくなつてゐました。四時で明るいのだから、明るくなりはじめるその瞬間はいつたい何時だらう、さう思ひ、その瞬間を見極めたくて、さらに早起きを心がけたのが七月の初旬です。


いまは八月十三日、夏至まであれだけ早かつた夜明けの時間が、いまは五時近くにならないと到來しません。時計の時間ではなく、外が白ばむ時間を朝と解して起きてゐた人間にとつて、起きる時間が一時間ほど遅くなりました


しかし、日の出の時間で見るのではなく、暑さを夏のバロメーターとみなしてゐる人たちにとつては、日中のこの暑さから、夏は果てることなくつづくのではないかと思へてしまふのではないでせうか。天気予報では、いまでも熱中症予防のために、この暑さを殊更強調してゐます。


20150813


たしかに人を地面に押しつけ、傾がせ、犬のやうに舌を出させるやうな日中の暑さは異様な感じを与へます。自然の夜明けの時間とは無関係に、時計の時刻に従つて起きてゐる人たちにとつては、この暑さは、夏の証で、いつまでもつづくのではないかと思はせます。


しかし、自然の時の夜明けとともに起きてゐた人たちにとつては、自然の時の刻みから、もうすでに秋がそこにゐることがわかります。夜明けの時刻が遅くなるにしたがつて、日中の猛暑も、あと僅かだとわかります。


だから交はす暑さの挨拶も、時計の時間で起きてゐる人と自然の時間で起きてゐる人では違つてきます。時計の時間に従つてゐる人の挨拶には、どこか、このつづく暑さに辟易した感じがしがちです。しかし夜の白ばみで起きてゐた人の挨拶には、日中の猛暑の挨拶にうなづきながらも、辟易感はありません。だつて、この暑さも、残すところあと僅かだと知つてゐるからです。






| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: ひと言 |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:00 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ya-ban.jugem.jp/trackback/2718
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
  • いいな、と思ふその瞬間、それが写真のいのち jeudi 7 juillet 2016
    蛮茶菴 (07/09)
  • いいな、と思ふその瞬間、それが写真のいのち jeudi 7 juillet 2016
    Genkikun (07/08)
  • 卵を孵す鳩 vendredi 10 juin 2016
    蛮茶菴 (06/11)
  • 卵を孵す鳩 vendredi 10 juin 2016
    Genkikun (06/10)
  • 恩恵に感謝しながら dimanche 14 fevrier 2016
    Genkikun (02/16)
  • 夏の夜、東京湾架橋レインボーブリッジを歩く samedi 15 aout 2015
    蛮茶菴 (08/17)
  • 夏の夜、東京湾架橋レインボーブリッジを歩く samedi 15 aout 2015
    Genkikun (08/16)
  • 紅茶は受皿に移して飲むもの?? jeudi 23 juillet 2015
    蛮茶菴 (07/26)
  • 紅茶は受皿に移して飲むもの?? jeudi 23 juillet 2015
    Genkikun (07/23)
  • 續・里芋が吸ひあげてできる水滴 mercredi 17 juin 2015
    蛮茶菴 (06/19)
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links