蛮茶菴

フォト・エッセイ ごまめの歯ぎしり
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 人は自己表白しながら生きてゐる mardi 19 août 2008 | main | 漢数字派か算用数字派か jeudi 21 août 2008 >>
# 鶴見俊輔が書いた赤塚不二夫への追悼文 mercredi 20 août 2008
★ふたつの追悼文
 このところ二度、鶴見俊輔が書いた追悼文を目にすることになつた。ひとつは小田実、いまひとつは赤塚不二夫のものである。

 鶴見俊輔が赤塚不二夫に追悼のことばを書く、その接点が見いだせなくて、初見正直奇異な感じがした。その感じを抱いて追悼文を読んだが、読んで納得がいつた。

 その文章は赤塚のマンガを繰返し愛読していないと書けないことばで埋まつてゐる。と同時にどこかで鶴見俊輔自身が赤塚不二夫のマンガと自分を重ね合はせて読んでゐる。

★共通体験
 「理由のわからないせまくるしさに悲鳴をあげて、自分を息苦しくしている塀にわが身をぶつけている。そのあがきに、彼のマンガは根ざしている。」

 鶴見俊輔を知ると、鶴見俊輔が「自分を息苦しくしている塀にわが身をぶつけている」と書く条りは、そのまま鶴見俊輔本人に当て嵌まるのではないかと思つてしまふ。

 異分野の人が、これも全く異分野の人の作品を発見し、そこに自分を再発見して作品を読む。鶴見は赤塚の作品をそのやうに読んでゐる。蓮はあの世の象徴か

★異なる表現方法で
 だから「日本の英語教育は、百五十年にわたる政府の投資として失敗した。その失敗は、世界諸国の事業の中で、きわだっている」と言ふことばが飛び出してくるのである。

 また「英語はこの長い年月、入学試験で受験生をふるいおとす道具として使われた」も同様のひと言である。

 さらに「たとえば日本の社会学は、英語まじりの学術用語でアメリカの学問をなぞり続ける」と続く。

 なによりも痛烈なひと言は「双生児の科学者が共同の研究所の運営にたずさわり、おたがいに入れかわり立ちかわり、その一貫性のない研究で六つ子をおどろかせる。・・・中略・・・双生児の一人は、倫理にしたがって事件を設計するが、もうひとりは倫理なぞなんのその、おもしろいところを、くっつけて、とんでもないものをつくろうとする」。

★わが同志として
 赤塚不二夫をかう追悼する鶴見俊輔は、同じものを、同じやうに見てゐた、先に逝つたまだ若い同志へ「奇跡の回復」を願つたことばを吐露したのである。
| comments(0) | trackbacks(1) | 00:00 | category: 覚え書 |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:00 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ya-ban.jugem.jp/trackback/1096
トラックバック
ギャグで約8分赤塚弔辞 タモリが明かす真相
 漫画家、赤塚不二夫さんの葬儀でタモリさんが読んだ弔辞は白紙だった。タモリさんが元フジテレビ・プロデューサーの横澤彪さん(70)に明かした。 赤塚さんの葬儀は2008年8月7日に行われた。タモリさんの弔辞は、約8分に渡る長いものだったが、葬儀の映像などから手
| 元祖ブログ検索ニュースBLOG | 2008/08/20 8:00 PM |
Categories
Archives
Profile
Comments
  • いいな、と思ふその瞬間、それが写真のいのち jeudi 7 juillet 2016
    蛮茶菴 (07/09)
  • いいな、と思ふその瞬間、それが写真のいのち jeudi 7 juillet 2016
    Genkikun (07/08)
  • 卵を孵す鳩 vendredi 10 juin 2016
    蛮茶菴 (06/11)
  • 卵を孵す鳩 vendredi 10 juin 2016
    Genkikun (06/10)
  • 恩恵に感謝しながら dimanche 14 fevrier 2016
    Genkikun (02/16)
  • 夏の夜、東京湾架橋レインボーブリッジを歩く samedi 15 aout 2015
    蛮茶菴 (08/17)
  • 夏の夜、東京湾架橋レインボーブリッジを歩く samedi 15 aout 2015
    Genkikun (08/16)
  • 紅茶は受皿に移して飲むもの?? jeudi 23 juillet 2015
    蛮茶菴 (07/26)
  • 紅茶は受皿に移して飲むもの?? jeudi 23 juillet 2015
    Genkikun (07/23)
  • 續・里芋が吸ひあげてできる水滴 mercredi 17 juin 2015
    蛮茶菴 (06/19)
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links